カテゴリー別アーカイブ: 懐かしのメロディー

時代


今はこんなに悲しくて 涙もかれ果てて もう二度と笑顔には なれそうもないけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ だから今日は くよくよしないで 今日の風に吹かれましょう・・・・・・・・・・・・・・・・ まわるまわるよ 時代はまわる 喜び悲しみくり返し 今日は別れた恋人たちも 生まれ変わって  めぐりあうよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・旅を続ける人々は  いつか故郷に出会う日を  たとえ今夜は倒れても  きっと信じてドアを出る  たとえ今日は 果てしもなく 冷たい雨が降っていても・・・・・・・・・・・・・・・・  めぐるめぐるよ 時代はめぐる 別れと出会いをくり返し 今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって 歩き出すよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ まわるまわるよ 時代はまわる 別れと出会いをくり返し 今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって 歩き出すよ 今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって 歩き出すよ・・・・・

作詞・作曲/中島みゆき

今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には
なれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日は
くよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ
時代はまわる
喜び悲しみくり返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって
めぐりあうよ

旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は
果てしもなく
冷たい雨が降っていても

めぐるめぐるよ
時代はめぐる
別れと出会いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって
歩き出すよ

まわるまわるよ
時代はまわる
別れと出会いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって
歩き出すよ

今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって
歩き出すよ

スポンサードリンク

お正月・おしょうがつ



「お正月」一、もういくつ寝ると お正月 お正月には凧あげて 独楽を回して遊びましょう 早く来い来い お正月   二、もういくつ寝ると お正月 お正月には毬ついて 追羽根ついて遊びましょう 早く来い来い お正月

「お正月」
一、
もういくつ寝ると お正月
お正月には凧あげて
独楽を回して遊びましょう
早く来い来い お正月
二、
もういくつ寝ると お正月
お正月には毬ついて
追羽根ついて遊びましょう
早く来い来い お正月

人生の扉


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・春がまた来るたび・・・・・・・・・・・・・・・・・ひとつ年を重ね・・・・・・・・・・・・・・・・・目に映る景色も・・・・・・・・・・・・・・・・・少しずつ変わるよ・・・・・・・・・・・・・・・・・陽気にはしゃいでた・・・・・・・・・・・・・・・・幼い日は遠く・・・・・・・・・・・・・・・・気がつけば五十路(いそじ)を・・・・・・・・・・・・・・・・越えた私がいる・・・・・・・・・・・・・・・・・信じられない速さで・・・・・・・・・・・・・・・・・時は過ぎ去ると・・・・・・・・・・知ってしまったら・どんな小さなことも・覚えていたいと・心が言ったよ・・・・・・ I say it’s fun to be 20・ You say it’s great to be 30 ・And they say it’s lovely to be 40・ But I feel it’s nice to be 50・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・満開の桜や・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 色づく山の紅葉を・・・・・・・・・・・・・・・・・・ この先いったい何度 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・見ることになるだろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ひとつひとつ・・・・・・・・・・・・ 人生の扉を開けては・・・・・・・ 感じるその重さを・・・・・ ひとりひとり・・ 愛する人たちのために・・ 生きてゆきたいよ・・ I say it’s fine to be 60・ You say it’s alright to be 70 ・And they say it’s still good to be 80・ But I’ll maybe live over 90・・・君のデニムの青が・・ 褪せてゆくほど ・・味わい増すように・・ 長い旅路の果てに・・ 輝く何かが・・ 誰にでもあるさ・・ I say it’s sad to get weak・ You say it’s hard to get order・ And they say that life has no meaning・ But I still believe it’s worth living・・・・・・・・・・・・・・・・・
春がまた来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ
陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
気がつけば五十路(いそじ)を 越えた私がいる
信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ

I say it’s fun to be 20    20歳って楽しいって言うと
You say it’s great to be 30  あなたは30歳って素晴らしいって言います
And they say it’s lovely to be 40 みんな40歳って美しいって言うけれど
But I feel it’s nice to be 50  私は50歳って素敵だと感じています

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じる重さを
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it’s fine to be 60      60歳って元気だねと言うと
You say it’s alright to be 70   あなたは70歳でも大丈夫よと言います
And they say it’s still good to be 80 みんな80歳でもまだまだいけると言います

But I’ll maybe live over 90  私はたぶん90歳以上生きるでしょうね

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

I say it’s sad to get weak   弱くなってゆくのは悲しいって言うと
You say it’s hard to get order あなたは年を取ってゆくのは辛いって言います
And they say that life has no meaning みんな人生には何の意味も
無いって言うけれど
But I still believe it’s worth living  それでも生きることは価値あることだと
私は信じています

ガンダーラ


ガンダーラ 山上路夫・奈良橋陽子 作詞 タケカワユキヒデ 作曲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そこに行けばどんな夢も かなうと言うよ 誰もみな行きたがるが 遙かな世界 その国の名はガンダーラ 何処かにあるユートピア どうしたら行けるのだろう 教えて欲しい In Gandhara, Gandhara They say it was in India Gandhara, Gandhara 愛の国ガンダーラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・生きることの苦しみさえ 消えると言うよ 旅立った人はいるが あまりに遠い 自由なそのガンダーラ 素晴らしいユートピア 心の中に生きる 幻なのか In Gandhara, Gandhara They say it was in India Gandhara, Gandhara 愛の国ガンダーラ In Gandhara, Gandhara They say it was in India Gandhara, Gandhara 愛の国ガンダーラ
そこに行けばどんな夢も
かなうと言うよ
誰もみな行きたがるが
遙かな世界
その国の名はガンダーラ
何処かにあるユートピア
どうしたら行けるのだろう
教えて欲しい

*)In Gandhara, Gandhara
They say it was in India
Gandhara, Gandhara
愛の国ガンダーラ

生きることの苦しみさえ
消えると言うよ
旅立った人はいるが
あまりに遠い
自由なそのガンダーラ
素晴らしいユートピア
心の中に生きる
幻なのか

*)繰り返し

*)繰り返し

野に咲く花のように


野に咲く花のように 【作詞】杉山政美 【作曲】小林亜星
・・・・・・・・・・・・・・・・野に咲く花のように風に吹かれて 野に咲く花のように人を爽やかにして そんな風にぼく達も いきてゆけたらすばらしい 時には暗い人生も トンネルぬければ夏の海 そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・野に咲く花のように雨にうたれて 野に咲く花のように人を和やかにして そんな風にぼく達も 生きてゆけたらすばらしい 時にはつらい人生も 雨のちくもりで また晴れる そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです・・・・・・・・・・・・・・・・ルルルル(繰り返し)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   1.野に咲く花のように風に吹かれて
  野に咲く花のように人を爽やかにして
   そんな風にぼく達も
   いきてゆけたらすばらしい
   時には暗い人生も 
   トンネルぬければ夏の海
   そんな時こそ野の花の
   けなげな心を知るのです

2.野に咲く花のように雨にうたれて
  野に咲く花のように人を和やかにして
  ※そんな風にぼく達も
   生きてゆけたらすばらしい
   時にはつらい人生も
   雨のちくもりで また晴れる
   そんな時こそ野の花の
   けなげな心を知るのです

3.ルルルル ............
   ※ くりかえし