認知症予防の手話勉強会

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人 ウィズユきたごようでは、視聴覚障害者に対する介護支援に関する事業の一環として「認知症予防の手話勉強会」を実施しています。

「手話は楽しく勉強しなければいけない」

「楽しくなければ手話ではない」

をモットーにしています

皆様の口コミのおかげで新しい参加者の方も少しずつ増えています

「認知症予防の手話勉強会」も地域の皆様に支えられ、少しずつ少しずつ成長していっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

今回の内容に関するお問い合わせはウィズユきたごようの078-593-0668(FAX兼用)までいつでもどうぞ!

たくさんの皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしています。

スポンサードリンク

花壇の花一輪運動

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

ウィズユきたごようは北五葉婦人会の皆様とともに「花一輪運動」の活動をしています。

2020年9月20日午前中までの花壇の様子です。

2020年9月20日の午後の花壇の様子です。

皆様にも、散歩のついでにもご覧いただけたらと思います。

認知症予防の手話勉強会

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人 ウィズユきたごようでは、視聴覚障害者に対する介護支援に関する事業の一環として「認知症予防の手話勉強会」を実施しています。

「手話は楽しく勉強しなければいけない」

「楽しくなければ手話ではない」

をモットーにしています

皆様の口コミのおかげで新しい参加者の方も少しずつ増えています

「認知症予防の手話勉強会」も地域の皆様に支えられ、少しずつ少しずつ成長していっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

今回の内容に関するお問い合わせはウィズユきたごようの078-593-0668(FAX兼用)までいつでもどうぞ!

たくさんの皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしています。

認知症予防の手話勉強会

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人 ウィズユきたごようでは、視聴覚障害者に対する介護支援に関する事業の一環として「認知症予防の手話勉強会」を実施しています。

「手話は楽しく勉強しなければいけない」

「楽しくなければ手話ではない」

をモットーにしています

皆様の口コミのおかげで新しい参加者の方も少しずつ増えています

「認知症予防の手話勉強会」も地域の皆様に支えられ、少しずつ少しずつ成長していっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

今回の内容に関するお問い合わせはウィズユきたごようの078-593-0668(FAX兼用)までいつでもどうぞ!

たくさんの皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしています。

神戸電鉄西鈴蘭台駅での花一輪運動

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

ウィズユきたごようは北五葉婦人会の皆様とともに「花一輪運動」の活動をしています。

さきほど帰宅しました。

この写真は神戸電鉄西鈴蘭台駅にある花一輪運動の作品です。

9月の時季に併せて、ウィズユきたごようの利用者の方々が作った作品も展示しています。

十五夜を見てウサギが跳ねる時期ですね。

昼間の入れ替え作業中には、ある女性の方が「写真を撮ってもよいですか」と言ってこられました。

「どうぞ、どうぞ」とおすすめしたところ、

「実はいつも写真をとらせていただいているんですよ。」とおっしゃいました。

「ありがとうございます」とかえしつつ、

「ホッコリ」ととてもうれしい気持ちになりました。

本当にありがとうございました。

これ以外にもいくつかの場所で「花一輪運動」の活動をしています。

皆様にもご覧になっていただけると幸いです。

こんぺいとう喫茶

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人ウィズユきたごようニュース第72号が令和2年8月21日に発行されました。

今回は「こんぺいとう喫茶」の記事内容についてご紹介させていただきます。

こんぺいとう喫茶

皆様、お元気にお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のためこんぺいとう喫茶を休業し、早や6カ月が過ぎようとしています。皆様には、不自由をおかけし申し訳なく思います。先の見えない状況ではありますが、10月よりお食事はできませんが、お茶を飲みながらホッと一息ついて頂ける場を提供できますようにと、行政の指導を受けながら準備を進めております。

暑さ厳しき折柄、お身体に気を付け、3蜜をさけてお過ごしくださいますようお願いいたします。

認知症予防の手話勉強会

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人 ウィズユきたごようでは、視聴覚障害者に対する介護支援に関する事業の一環として「認知症予防の手話勉強会」を実施しています。

「手話は楽しく勉強しなければいけない」

「楽しくなければ手話ではない」

をモットーにしています

皆様の口コミのおかげで新しい参加者の方も少しずつ増えています

「認知症予防の手話勉強会」も地域の皆様に支えられ、少しずつ少しずつ成長していっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

今回の内容に関するお問い合わせはウィズユきたごようの078-593-0668(FAX兼用)までいつでもどうぞ!

たくさんの皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしています。

認知症予防の手話勉強会

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人ウィズユきたごようニュース第72号が令和2年8月21日に発行されました。

今回は「認知症予防の手話勉強会」の記事内容についてご紹介させていただきます。

認知症予防の手話勉強会

日時:毎週日曜日午前9時~12時まで開催(場合により変更有り)

場所:ウィズユきたごよう (こんぺいとうルーム)

※事前予約要(資料準備のため)

《手話翻訳コース》

手話は言語です。手話という言語から日本語という言語にどう翻訳するかを学習します。

《手話童謡コース》

手話を使って「ふるさと」その他の童謡を、体を動かしながら楽しく学習します。

童謡コーラス

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人ウィズユきたごようニュース第72号が令和2年8月21日に発行されました。

今回は「童謡コーラス」の記事内容についてご紹介させていただきます。

童謡コーラス

残暑お見舞い申し上げます。新型コロナウイルス禍の中いかがお過ごしでしょうか?童謡も3月から半年間お休みを頂きました。ハンドベルなども考えていますが、良いアイデアがありましたらお知らせください。第2波感染拡大等々言われていますので、慎重に計画したいと思います。

認知症予防の手話勉強会

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人 ウィズユきたごようでは、視聴覚障害者に対する介護支援に関する事業の一環として「認知症予防の手話勉強会」を実施しています。

「手話は楽しく勉強しなければいけない」

「楽しくなければ手話ではない」

をモットーにしています

皆様の口コミのおかげで新しい参加者の方も少しずつ増えています

「認知症予防の手話勉強会」も地域の皆様に支えられ、少しずつ少しずつ成長していっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

今回の内容に関するお問い合わせはウィズユきたごようの078-593-0668(FAX兼用)までいつでもどうぞ!

たくさんの皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしています。

子育て支援事業

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人ウィズユきたごようニュース第72号が令和2年8月21日に発行されました。

今回は「子育て支援事業」の記事内容についてご紹介させていただきます。

子育て支援事業

●北五葉寺子屋学習会をしています●

新型コロナウイルスの感染状況の悪化により、しばらくお休みをいただいていました学習会を、7月より再開いたしました。学校も変則的な授業が続いているため、子供たちの学習環境も厳しいものがありますが、少しでも学習理解が進むよう頑張っていこうと思っています。

・日時:毎週土曜日 16:00~17:00(小学5、6年生)

17:00~18:30(中学1、2年生)

18:30~20:00(中学3年生)

・科目:数学・英語・その他

・費用:無料です

認知症予防の手話勉強会

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人 ウィズユきたごようでは、視聴覚障害者に対する介護支援に関する事業の一環として「認知症予防の手話勉強会」を実施しています。

「手話は楽しく勉強しなければいけない」

「楽しくなければ手話ではない」

をモットーにしています

皆様の口コミのおかげで新しい参加者の方も少しずつ増えています

「認知症予防の手話勉強会」も地域の皆様に支えられ、少しずつ少しずつ成長していっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

今回の内容に関するお問い合わせはウィズユきたごようの078-593-0668(FAX兼用)までいつでもどうぞ!

たくさんの皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしています。

地域拠点型一般介護予防事業

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人ウィズユきたごようニュース第72号が令和2年8月21日に発行されました。

今回は「地域拠点型一般介護予防事業」の記事内容についてご紹介させていただきます。

地域拠点型一般介護予防事業

今年は、収束のめどが立たない勢いの新型コロナウイルスとあちこちで起こる自然災害に心を痛めます。毎日が普通に変わりなく、健康に過ごせることに感謝です。

北五葉・南五葉のディサービス事業は、3,4,5,6月とコロナウイルス感染症予防の為、休業期間となりましたが7月から再開致しました。飲食は、今までのようには出来なくて、利用者の皆様には、物足りない思いをされていると思いますが、簡易食事としてパン・おにぎりをお持ち帰り頂いて居ります。毎回、山本副理事長が手話の講習をして下さり、簡単な挨拶・童謡を利用者の皆様に気持ちと言葉を手で表わす体験をして頂いて楽しんでいらっしゃいます。

三蜜、マスク、うがい、手洗い、消毒を常に心がけて利用者様にもお伝えし、スタッフ一同細かい注意でお迎えして居ります。

~買い物に風呂敷いかが~

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人ウィズユきたごようニュース第72号が令和2年8月21日に発行されました。

今回は「~買い物に風呂敷いかが~」の記事内容についてご紹介させていただきます。

~買い物に風呂敷いかが~

7月1日からプラスチック製のレジ袋の原則有料化が始まりました。私もエコバックを持ち歩くことにしていますが、ふと「風呂敷の良さを見直すいい機会かもしれない」と感じました。エコバックは便利だが、風呂敷もとても万能で捨てたものではない。包み方次第で何でも包める。小さなものから大きなものまで、ビンや卵なども割れないように工夫して包み、手から提げられる。たくさんの量を買っても大丈夫。使い終わったら小さくたたんでしまえばいい。エコバックだと買うもの次第で持ち歩く袋の大きさを変えなければいけないが、風呂敷ならそんな手間は無用。いろんな包み方を学べば、たいていのものに対処できる。

風呂敷といえば、昔のものというイメージがあるが「エコ」の重要性が叫ばれている今の時代には、最適なものではないでしょうか。環境にやさしい古きよきものを見直すときに来ているのかも知れない。

理事長 近藤淑實

~新年度のごあいさつ~

皆様、こんにちは。NPO法人ウィズユきたごよう副理事長です。

NPO法人ウィズユきたごようニュース第72号が令和2年8月21日に発行されました。

今回は「~新年度のごあいさつ~」の記事内容についてご紹介させていただきます。

~新年度のごあいさつ~

本来であれば、令和2年度も昨年同様に地域の皆様と地域活動に参加している頃だと思いますが、しかしながら、ご承知のとおり新型コロナウイルス感染拡大に伴い、国内における様々な活動イベントが中止または延期せざるを得ない状況が続いています。緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症は、今だ不明な点も多く、引き続き、再度、感染拡大に備え「3つの蜜をさめるため、人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」といった基本的な対策など感染拡大を予防するための「新しい生活様式」の定着を図っていくことが必要とされています。

新型コロナウイルスの影響で中止されるものがあるかとは思いますが、どうかご理解ご協力を宜しくお願い申し上げ、今年も、活動・行事に取り組みますので、宜しくご指導くださいますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルスの1日も早い収束を願い、皆様方のご健勝とご多幸を祈念し、ごあいさつと致します。

理事長 近藤淑實