カテゴリー別アーカイブ: 手話

手話通訳士を配置する寄席

「手話通訳士を配置する寄席」を紹介します。
今現在は、→ウィズユきたごよう←のブログに行っています。

https://kobeblog.net/u/575560a/

または

ウィズユきたごよう

をクリックしてご覧ください。

スポンサードリンク

デフサポート大阪での講演(セミナー)

デフサポート大阪で講演(セミナー)する機会がありました。

もちろん、ろう者の方々が対象の講演会ですから一切声なしで手話だけでの講演(セミナー)です。

ろう者の方々に手話で説明して、手話で質問をいただいて手話で答えました。

今現在は、→ウィズユきたごよう←のブログに行っています。

https://kobeblog.net/u/575560a/

または

ウィズユきたごよう

をクリックしてご覧ください。

<共働き>「娘の発熱ですぐ退社」男性上司率先で変わる職場

<共働き>「娘の発熱ですぐ退社」男性上司率先で変わる職場

毎日新聞 2/13(月) 9:30配信

<共働き>「娘の発熱ですぐ退社」男性上司率先で変わる職場

娘が発熱すればさっさと退社してしまう共働きの上司が部下たちから慕われたワケとは=iStock

 「女性が輝く時代」という言葉はすっかり定着しました。結婚した女性が積極的に外で働くことも当たり前になりました。ただ、既婚女性がフルタイムの社員として仕事を続けるためには、共働きで働く夫も家事と育児をする必要があります。ITコンサルタントの細川義洋さんが、共働きの男性部下たちを上手にマネジメントしていた「共働き上司」の仕事ぶりを紹介します。

 ◇仕事、家事、育児で大忙しの日々が20年続く

 筆者も共働き夫婦でした。妻より早く帰宅すると、小さい子供がおなかをすかせて待っていました。夕食を作って子供に食べさせながら、風呂の掃除や洗濯を済ませます。土日も食料などの買い出しや子供の世話をしました。

 家事を妻に任せられるときは一息つけるかといえば、そんなこともありません。妻も仕事で疲れているのですから、家事は大きな負担です。笑顔も少なく、愚痴が出たり八つ当たりされたりして、互いに疲弊することもありました。自分一人の時間はほとんど取れず、そうした日々が子供が社会人になるまでの20年ほど続きました。

 筆者の場合は、何とか共働きのまま生活を維持することができました。しかし、夫婦の連携がうまくいかないと、お互いの仕事に悪影響が出ます。最悪の場合、どちらかが会社を辞めざるを得なくなるかもしれません。

 共働き家庭が増える中、妻にだけ負担をかけることはできません。では、夫である男性部下の上司は、どう対応すればよいでしょうか。

 ◇共働きの部長が率先してやっていたこと

 筆者が以前勤めていた企業に、共働きの男性部下を上手にケアしていた上司がいました。筆者の隣の部署の部長でした。部長自身も共働きだったので、夫としての苦労をよく知っていました。共働きの男性部下を5人抱えていましたが、部署のメンバーはやりがいを持って働き、部の実績を落とすこともありませんでした。

 この部長がしていたことは、たった二つです。一つ目は、部長自身が率先して、家庭の事情で休暇を取ったり、早く職場を抜け出したりしていたことです。

 「娘が熱を出してしまって」「今日、銀行に用事があるのだが妻は会社で会議があって出られないので私が行かなければ」--こうした理由をつけては、さっさと会社を後にしていました。自然と部下も同じことができるようになります。

 二つ目は、部下の家族構成や家庭環境を知ることでした。部下に「息子の○○君はそろそろ小学生だろう。それなら入学式の日は君は休みだな」などと、部長の方から言うことさえありました。部下たちは、なおさら家庭の事情などで休暇を取りやすくなります。

 ◇部下がメリハリをつけて仕事ができる

 部下たちはその分、普段からしっかりと働いていました。この部長のもとでは、部下たちは自分のペースで休んだり遅い時間まで業務にあたったり、メリハリをつけた仕事ができたのです。ですから、月の労働時間は決して短くありませんでした。だからこそ部の実績も落とさなかったのでしょう。

 男性部下たちも、家庭と仕事を両立できる環境を作れていました。だからこそ、その妻たちも仕事を辞めずに生活し続けられていたようです。

 この部長のやり方が、どの職場でも当てはまるわけではないと思います。別のアイデアがあるかもしれません。ですが、部下たちの家庭のことまで考えて行動する部長の姿勢が、部下たちがしっかりと活躍できる状況を作っていたのは間違いないでしょう。

以上は、「<共働き>「娘の発熱ですぐ退社」男性上司率先で変わる職場」からの引用ですが、とても良いなと感じてすぐに引用させていただきました。