カテゴリー別アーカイブ: 雑学・趣味の学習勉強

ウィズユきたごよう

ウィズユきたごようにいっています。

http://www.kobe-busicolle.net/tkgb4864/

https://kobeblog.net/u/575560a/

をご覧ください。

スポンサードリンク

ろう者・聴覚障害者向けのマイナンバー説明会

マイナンバー01マイナンバー02マイナンバー03マイナンバー04マイナンバー05ろう者・聴覚障害者向けのマイナンバー説明会を開催させていただいています。ホワイトボードに「人」という字を書き、手話で「皆さんも私も人ですよね。人に大切なものは何でしょう?」という質問までを手話で説明会に参加されているろう者や聴覚障害者にお聞きした後で、「私は家族と命が人にとって大切だと考えています。」と手話で説明した後で、「家族」「命」と書き込み、「それでは家族と命にとって必要なものは何でしょう?」と手話で参加しのろう者や聴覚障害者にお聞きした後で、「私はお金と健康だと考えます。」と手話で説明してからホワイトボードに「お金」「健康」と書き込み、「お金は払う時と、もらう時がありますよね。」と手話で説明して「税金」「年金」と書き込み、「健康は病気・けがや高齢になったり認知症という内容が心配ですよね。」と手話で説明してから「病気・けが」「高齢・認知症」と書き込み、「病気・けがになったときはお医者さんに診てもらいますよね。」「高齢・認知症で困った時には介護に助けてもらうことがありますよね。」と手話で説明してから「医者」「介護」と書き込み、「税金を払う時に行くのはどこでしょうか。税務署や区役所が考えられます。」と手話で説明して「税務署・区役所」と書き込み、「年金をもらう手続きをしにかくのはどこでしょうか。年金事務所や区役所が考えられます。」と手話で説明して「年金事務所・区役所」と書き込み、「医者に診てもらう時に行くのは病院や医院がありますね。」と手話で説明して「病院・医院」と書き込み、「介護が必要になったときにお世話になるのはデイサービスやヘルパーさんがありますよね。」と手話で説明して、「デイサービス・ヘルパー」と書き込み、その後で、「これらの手続きを簡単にするのがマイナンバーの考え方です。」と手話で説明して書き込みます。そして「これら以外の例えばツタヤなどの会員証を作る時に運転免許証やマイナンバー個人カードのコピーをもとめられることはありますが、マイナンバーの裏側の12ケタの番号の提示は不要です。つまり、さきほど、囲んだ手続以外でマイナンバーの12ケタの数字を求められた場合には簡単に答えてはダメです。電話やFAX、訪問等でマイナンバーの12ケタの数字を聞かれることはありません。聞かれた時にはすぐには答えずに役所に再確認してくださいね。」というような内容を手話で説明してから書き込みます。
これがろう者・聴覚障害者にマイナンバー説明会をするときのTKGB社会保険労務士事務所の最初の説明となります。
このあと、ここまでの内容で満足した方にはお帰り頂いて、続けてそれぞれの細かい内容の説明を希望される方にはそれぞれの役所や事業所での手続き、通知カードが2015年の11月から12月の間に住民票のあるところに届いた後の処理方法などを手話で説明させていただきます。

また、会社の経理その他でマイナンバーを管理する立場側の方からのご質問に対しては、「マイナンバー保管で安全な方法としてはコンピューターにあげない、つまりインターネットウィルス等の影響での漏えいを防ぐために、マイナンバー保管は手書きにしましょう。氏名と12ケタの数字だけを紙にまとめて書いてファイリングする方法であれば、案外分量も少なく済みますよ。」という説明を手話でしたりとか、他には「DVつまり夫の暴力から逃げてきているので住民票はまた夫がいる家になっているのです。マイナンバー通知カードの処理はどうしたらよいのでしょうか。」
「実は、住民票登録がないのです。」etcその他色々なご質問に対しても手話でなるべくわかりやすく説明させていただきました。

続きは→「障害者雇用→聴覚障害者対応・はじめに」←をクリックしてご覧ください。

神戸市みんなの手話言語条例を知ってください

神戸市みんなの手話言語条例
手話は,ろう者がコミュニケーションを図り,社会活動に参加し,人間関係を育み,成長していくために使われてきました。手話は,手指や体の動き,表情を使って視覚的に表現する言語として,ろう者にとって豊かな社会生活を営むために大切に受け継がれてきたものです。
しかし,手話は言語として認知されず,かつて多くのろう学校で手話が禁止されていました。そのため,様々な場面でろう者は多くの不便や不安を感じながら生活してきました。
手話の使用が制限される状況において,なお,手話が発展してきたのは,手話がろう者の「アイデンティティー」であり,「いのち」であったからです。
こうした中,障害者の権利に関する条約及び障害者基本法において,手話は言語として位置付けられました。今後は,手話を必要とする全ての人が,いつでもどこでも容易に情報を得ることができ,コミュニケーションを十分に図ることができる社会を構築していかなければなりません。
神戸市は,昭和52年に全国に先駆けて神戸市民の福祉をまもる条例を制定し,市民及び事業者と共に誇り高い福祉都市の実現に向け取り組んできました。
世界で手話が言語であると位置付けられた今,神戸市は,市民みんなの手話への理解の促進に努め,手話を日常的に使用できる環境を整えることにより,ろう者もろう者以外の者も互いに心と心が触れ合い,通じ合うまちを目指して,この条例を定めます。
(目的)
第1条この条例は,手話への理解の促進及び手話の普及に関し,基本理念を定め,市の責務並びに市民及び事業者の役割を明らかにするとともに,手話に関する施策に係る基本的事項を定めることにより,手話に関する施策を総合的かつ計画的に推進し,もってろう者及びろう者以外の者が共生する地域社会を実現することを目的とする。
(基本理念)
第2条手話への理解の促進及び手話の普及は,手話が言語であること及びろう者が手話によりコミュニケーションを図る権利を有することを前提として,ろう者及びろう者以外の者が,相互に人格と個性を尊重することを基本として行わなければならない。
(市の責務)
第3条市は,前条に定める基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり,ろう者が日常生活及び社会生活を円滑に営むことができるよう必要な配慮を行い,手話に関する施策を総合的かつ計画的に実施するものとする。
(市民の役割)
第4条市民は,基本理念に対する理解を深め,手話に関する市の施策に協力するよう努めるものとする。
(事業者の役割)
第5条事業者は,基本理念に対する理解を深め,手話に関する市の施策に協力するよう努めるとともに,ろう者が利用しやすいサービスを提供するよう努めるものとする。
(施策の推進方針)
第6条市は,次に掲げる施策を総合的かつ計画的に推進するための方針(以下「施策の推進方針」という。)を定めるものとする。
⑴手話への理解の促進及び手話の普及のための施策
⑵手話により情報を取得する機会の拡大のための施策
⑶コミュニケーションの手段として手話を選択しやすい環境の整備のための施策
⑷手話通訳者の確保及び養成のための施策
⑸前各号に掲げるもののほか,この条例の目的を達成するために必要な施策
2施策の推進方針は,障害者のための施策に関する市の基本的な計画と調和が保たれたものでなければならない。
3市長は,施策の推進方針について,ろう者,手話通訳者その他関係者の意見を聴くため,これらの者との協議の場を設けなければならない。
(学校における理解の促進)
第7条市は,学校教育の場において,基本理念にのっとり,手話に接する機会
の提供その他の手話に親しむための取組を通じて,手話への理解の促進に努めるものとする。
(財政上の措置)
第8条市は,手話に関する施策を推進するため,必要な財政上の措置を講ずるものとする。
(議会への報告)
第9条市長は,毎年度,本市の手話に関する施策の実施状況を議会に報告するものとする。
附則
この条例は,平成27年4月1日から施行する。

本日、私は手話関係の大事な会合に出かけます。本日、皆さんに「神戸市みんなの手話言語条例」を知っていただきたいという思いで今回の記事内容とさせていただきました。